内装・インテリア

オンライン完結のインテリアコーディネートサービスを利用して模様替え

早いものでこの家も引き渡しから1年以上経ちました。
1年も住んでいると家の中を少し変化させたいなと思うようになったのでこの度プロにインテリアコーディネートを依頼しました!

mika
mika
プロに相談って何だかハードルが高そう…

今回依頼したのはオンライン完結のインテリアコーディネートサービスCOSIC(コシック)

依頼料金2万円〜好みの色や部屋の用途、予算などに応じてコーディネートを提案してくれます。

初めてのインテリアコーディネート。利用してみた感想やおすすめポイントなど紹介していきます!

この記事は特にこんな人におすすめ

  • プロにインテリアコーディネートをしてもらいたい
  • 家具や雑貨選びが苦手
  • 家具や雑貨を買いに行く時間がない

\オンライン完結のインテリアコーディネート/

現在の我が家とプロのコーディネート

先に説明するよりも見て頂いた方が分かりやすいと思うので現在の我が家とプロがコーディネートした我が家を見比べてみてください!

リビング・ダイニングのコーディネートを依頼しました。

現在の我が家は床の色とキッチンの色に合わせてナチュラル×白の家具選びをしています。

それがプロの手に掛かるとこんな感じ!全然違う部屋に見えませんか?
グリーンを差し色にするだけでぐっとオシャレ感がUPしますよね♪

飾れる壁が少ないのでかなりシンプルなリビングダイニングです。

ひな壇階段の所にアートポスターを飾るだけでも印象かなり変わります。

一応リビングドアの近くに大きめのポスターは飾っていますがあまり目に入る場所ではありません。

ダイニングテーブル=四角と思い込んでいたのでまさか丸テーブルをダイニングに持ってくるとは私にはない発想でした!

ここから先はオシャレなインテリアコーディネートを提案してくださったCOSICさんのサービス内容や気になる金額などについて紹介していきます。

COSICとは

「COSIC(コシック)」は、オンライン完結のインテリアコーディネートサービス

依頼料金2万円〜好みの色や部屋の用途、予算などに応じてコーディネートを提案してくれます。

コーディネートは写真のようにリアルな3Dイメージで提案されるため、実際に再現した後のお部屋を鮮明にイメージできます。

さらに、提案される家具は実際に購入することができます

mika
mika
上記の画像も写真のようにリアルですよね😲!

そうなんです!実はただ提案だけではなく提案した際に使用している家具やインテリアはそのまま購入することができるんです。

丸っきり同じ商品を購入すれば提案して頂いた部屋そのものが完成♪

「家具や雑貨って沢山あって何を買えばいいか分からない」
「バタバタしていて買いに行く時間がない」

という方にピッタリです!

サービス利用の流れ

オンライン完結って言っても何するの?という方も多いと思うので流れをご説明します。

  • STEP01
    アカウント作成
    COSICのホームページからメールアドレスを登録しアカウントを作成
  • STEP02
    依頼プラン申し込み
    依頼プランを選び申し込みをする
  • STEP03
    ヒアリングフォーム回答・依頼完了
    部屋の写真や平面図・寸法などを登録。さらに、お部屋の用途や好みに関する質問に答え依頼を完了させます
  • STEP04
    提案内容の確認
    依頼完了から12営業日以内にコーディネートが提案される。メールで通知がきて確認できます。
  • STEP05
    修正依頼
    提案されたコーディネートが気に入らなかった場合、提案から2日以内であれば1回まで無料で修正してもらえます
  • STEP06
    家具購入
    気に入った家具があればCOSICから直接、または外部サイトから購入できる

 

依頼プランとその料金について

依頼プランはコーディネートを希望するお部屋の種類によって3つのプランから選べます!

1Rプラン 20,000円 書斎、寝室や子供部屋、ワンルームのお部屋のコーディネートをするプラン
LDプラン 30,000円 リビングダイニングのコーディネートをするプラン
LD +1Rプラン 50,000円 2LDKや3LDKのマンションでよく見られるLDと隣接した洋室がある間取りにおいて2部屋間の扉を開けた状態でひと空間としてコーディネートするプラン
mika
mika
ちなみに我が家はLDプランなので30,000円になります☺️

これが高いのか安いのかは個人差があると思いますが私は依頼する価値ありだと思っています!

通常であればプロに中々この金額でコーディネートしてもらうこともできないですよね?

その上家具選びを失敗して無駄なお金を使いたくないので初めからプロにお任せするのが間違いないかなとは思っています。

依頼時に必要なもの

  1. お部屋全体がわかる写真
    3Dイメージ作成のため、部屋の内装がわかるように、部屋の写真が5枚ほど必要です。
  2. お部屋の寸法と間取り図または平面図
    コーディネートする部屋の寸法と、間取り図(平面図)がコーディネートのために必要です。
    その際、全ての辺の長さ・天井の照明位置を記入しておくことでより正確な提案がしてもらえます!
  3. 持ち込み家具の写真とサイズ情報
    現在使用中の家具は2つまで無料でコーディネートに含めてもらうことができます。(3つ目以降は1つにつき追加料金500円がかかります。)
    持ち込み希望の家具がある場合、家具の写真とサイズの情報が必要です。
mika
mika
部屋の隅から撮ると部屋全体が映しやすいですよ♪

提案されるもの

  1. 3Dイメージ画像
    自分の部屋にコーディネートが反映された写真のようなリアルな3D画像が提案されます。
    3方向からの画像と天井からみた画像で、1部屋につき4枚見ることができます。
  2. コーディネーターからのコメント
    コーディネートを考えてくれたインテリアコーディネーターからのコメントが読めます。
  3. コーディネートに使用している家具情報
    コーディネートに使用した家具の情報も確認でき、そこから購入もできます。

一部抜粋してご紹介しますが下記のようにコーディネーターからコメントを頂けます。

他にも家具の選定理由やワンポイントアドバイスも見ることができます▼


利用して感じたおすすめのポイント

ハードルが高く感じていたインテリアコーディネートもオンライン完結だとプロに依頼してみてもいいかなと思いませんか?

利用して感じたおすすめのポイント

  1. 家具・インテリアを探す手間が省ける
  2. 家具選びに失敗しない
  3. 家づくりの延長線で依頼してみるのも良い

家具・インテリアを探す手間が省ける

家具やインテリアを探すのが大好き!という方は楽しいと思いますが苦手な方もいます。
インスタグラムでフォロワーさんに家具選びが好きかどうか聞いてみると6割が苦手だという結果でした。

家具って色んなメーカー・種類があるのでお気に入りを探すのにもかなり時間が掛かりますよね。

我が家も床に合う家具が中々見つからなくて苦労しました…。

そんな家具探しがインテリアコーディネートと共に提案→そのまま購入できるとなると家具や雑貨選びが苦手な方にはいいですよね!

実際に全部購入される方もいるようです^^

mika
mika
今回提案頂いたものは購入しやすい価格帯でした♡予算内で提案もして頂けます(素晴らしい👏

家具選びに失敗しない

気に入った家具を購入しても実際部屋に置くと元々のインテリアと合わない…ということもあるんです。

インテリアコーディネートを依頼すると家具選びに失敗するということはなくなりますよね✨

提案して頂いた家具を購入しなかったとしても色味やデザインの参考にもなると思います♪

家づくりの延長線で依頼してみるのも良い

家づくりをされている方は新居に合わせて家具や雑貨を新調される方が多いはず!

でもまだ住んでいないので中々イメージが湧かないしダイニングテーブルなどは直ぐに必要だし家づくりと平行線で決める事が多いんですよね。

mika
mika
決めることが多くて大変だったな〜( ;  ; )

インテリアコーディネートも家づくりの延長線と考えて依頼するのもアリです◎

まとめ:依頼してみて新たな発見があった!

今回インテリアコーディネートを依頼してみて自分では思い付かないようなアイデアを提案して頂き新たな発見となりました!

  • 部屋の雰囲気を変えたい方
  • 家具や雑貨選びが苦手な方
  • 部屋に合うインテリアを知りたい方

ぜひCOSICさんに依頼してみてください♡

 

インテリア依頼時に使える2000円引きのクーポン発行して頂きましたのでこれから依頼される方は是非お使いください▼

クーポンコード:mikahome-cp-2000
※クーポンは決済時に登録でき、期限は2年間となっております。

 

\オンライン完結のインテリアコーディネート/

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村 インテリアブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください